Twitter xAuth Implementation for Titanium Mobile 修正

categories: javascript

昨日書いたxAuthの為のインターフェイスが、すでにアクセストークンを保持しててもオブジェクトを生成するときに(ユーザ名と)パスワードを渡さなくてはいけなかったり、再認証する方法がなかったりダメな作りだったので直した。

https://github.com/m92o/tm_twitter_api

使い方はxAuthを使う場合、init()でユーザ名・パスワードを渡す。

Ti.include("lib/twitter_api.js");
//initialization
Ti.App.twitterApi = new TwitterApi({
	consumerKey:'YOUR CONSUMER KEY of twitter API',
	consumerSecret:'YOUR SECRET of twitter API'
});
var twitterApi = Ti.App.twitterApi;
twitterApi.init({
	username: 'YOUR USERNAME',
	password: 'YOUR PASSWORD',
	onSuccess: function () {
		// success callback function
	},
	onError: function (error) {
		// error callback function
	}
});

すでにアクセストークンを持っている場合は init() を呼ばなくていい。

再認証したい場合はアクセストークンを削除して init() を呼ぶ。

twitterApi.deleteAccessToken();
twitterApi.init({
	username: 'YOUR USERNAME',
	password: 'YOUR PASSWORD',
	onSuccess: function () {
		// success callback function
	},
	onError: function (error) {
		// error callback function
	}
});

tags: ,

Comments

Trackbacks

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。コメントは承認制です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

Trackback URL